Poem blog "希望の詩 愛の詩"

Poem blog "希望の詩 愛の詩"

このブログを応援してくださり、心から感謝を申し上げます。 希望を失ってはならない、と心に秘め生きています。希望の詩・愛の詩はそんな心から生まれました。生きている証です。
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ






アメリカの詩人 W・ホイットマン 『草の葉』より



「苦痛はぼくの替え着の一つ、
ぼくは傷ついた人に具合はどうかと尋ねたりせず、このぼく自身が傷ついた人になる、
杖にもたれて眺めていればぼくのからだの傷跡が鉛色に変わっていく。」

「若者が盗みの罪でつかまれば、ぼくも一緒について行き、裁きを受け宣告を受ける」

*『草の葉』「ぼく自身の歌」W・ホイットマン
岩波文庫 酒本雅之訳 より引用

大乗仏教の精神に通じる。
同苦の精神に通じる。
名もなき雑草のような庶民の心と同じだ。
時代、国、民族を越え、同じものがあることを感じた。



Poem blog "希望の詩 愛の詩" 1596作品目




にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ






スポンサーサイト

テーマ日々のできごと
ジャンルライフ


jakhcj0000004oru.jpg






>








Poem blog ”希望の詩 愛の詩”

●お越しくださり、ありがとうございます。嬉しく思います!2012年11月から、Poem blog "希望の詩 愛の詩"をFc2ブログで始めました。病気の療養の合間を縫って、拙い下手くそな詩ばかりを掲載しているブログです。言葉と詩には、コンプレックスがあります。ですので、初心者の詩でありますし、何より詩人ではありません。そして詩だけでなく、ブログも人生も初心者です。△実に詩は難しい。作ることも読むことも容易ではありません。それでも、寒々とした私たちの社会にあって、言葉がもつ本来の力、人と人とを結びつける役割を、希望と愛をモチーフにして、詩に表現し、未熟ながらも、非力ながらも、一人の庶民として、一人の人間として皆さまに投げかけてみる試みを開始しました。ですが、大した内容ではありません。 拙い作品で独りよがりのものばかりですが、少しでも心にお届けできるものがあれば望外の喜びです。時折、断片や雑記のようなものも書いて投稿いたします。つまらなければ、飛ばしてください!決して詩人ではありません。苦しみ多き人生の日々。その中で自分にできることを。今後とも、当ブログを末永くよろしくお願い申し上げます。なお、ブログのランキングバナーを貼り付けておりますが、これは一人でも多くの方に見て頂ける機会・場の一つと考えているのであり、ランキングには特段関心はありません。

多様な色合いの毎日だ!
そして、苦しみにも、もまれている。
身動きもとれない。絶望しそうだ!
だが、希望は絶望に屈したことがない。
真実の愛は人間を幸福にする。
我々の住む世界の平和は
ここから始まるのだ。
いまの苦しみには意味がある!
新時代のヒューマニズムは
ここから生まれることを信じて
これこそが詩人の普遍的な使命の基ではないだろうか


月夜のソネット

悲しまないで
月も涙を流しているよ
ぼくが生きているかぎり
君のために詩を作るから
君のためなら作れるんだ
神が見放す事態となっても
ぼくは取り乱すことなく詩を作り続ける
君の美しさを取り戻すためにも
月夜に歌が唄える日が訪れるようにするためにも
運命の冷酷さを誰が許せようか
一時であろうとも
人の純粋な行為を利用し
誠意を踏みにじるとは
だがらこそ君の仕合せを取り戻さなくてはと思うのです

ブログ村

Counter.

New Posts  最近の作品です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。